税理士になるには

女性にとって仕事と家事の両立は悩ましいものです。どちらをとって、どちらを捨てるというわけにいかず、大勢のママさんたちが足りない時間をやりくりしながら精一杯頑張っています。

しかしそれが、直接仕事に結びつかないようなことだったら、家族からの応援を期待するのは心苦しいです。たとえば税理士になるための勉強などは、家族にとっても、かなりの負担になります。試験の直前には受験対策講座を受ける必要がありますし、それ以外にも自宅で勉強する時間が必要です。当然、子供やダンナさんにも負担がかかることになりますよね。

資格が取れるかどうかわからないのに、こんなに迷惑をかけちゃっていいのかな、なんていう罪悪感を感じながら5科目合格を目指しているママさん受験生も大勢いますね。

そんなときは自分なりに期間を区切って受験してみてはいかがでしょう。幸い税理士試験は5科目合格まで期限が切られているわけではありません。だからこそ「この2年で3科目は絶対にとる」「来年は1科目にしよう」など自分で計画が立てられます。

家族のライフプランとにらみ合わせながら、受験ペースを調整していきましょう。